38歳で突然自宅でビジネスを開業. 自分がハマった電話、FAX、ネット環境の検討結果を公開します

FrontPage

祝!開業


自宅で個人事業

やってみようかな....
と思っていた仕事をあるきっかけで突然始めることになり、大慌てで開業届を提出。 突っ走り始めてしまいました

自宅開業とはいえプライベートと仕事の電話が供用では信用上も実用上も問題がありますから、まずは何はなくとも仕事用の電話とFAXです。
   
いまは大変満足のできる、コンパクトで高性能なSOHOができていますが、立ち上げは良くわからなくて非常にイライラさせられました。

特に電話番号を増やすのにどうするのが一番良いのか解らず、あれこれ模索して検討し、もうほんとに
何でこんなことどこにも書いてないんだろうと心底思いました

誰も書かないなら自分が、自宅開業や小規模起業にぴったりのSOHO構成方法をご紹介し、見てくれた方がつまらない事に時間をかけずに通信環境を立ち上げてガンガン本業に集中して頂けたら嬉しいな

と思ってこのサイトを立ち上げました

これから起業するかた、すでにされているけれど今のオフィス環境に不満のある方の参考になれば幸いです

まずは手持ちの携帯とネットFAXでスタートを切る!

このサイトを立ち上げた数年前に比べると、世の中の変化が加速し、身軽に早く行動を起こすことがますます大切になってきた感があります。

そんな中、連絡先が携帯でもさほど問題なく受け入れられるようになってきた一方で、意外にもFAXは相変わらず使われ続けています

折込チラシ1枚入れるにしても、広告代理店さんとの原稿確認はFAXが当たり前ですし、建築など古い業界は内容が文字だけの場合でも、FAXが未だにバリバリ現役の通信手段だったりします。

向こうからメール送ってきたのに返信はFAXで返してほしいとか、商品発注はFAXのみ受け付けるとか、ここを読んでいる方にはちょっと信じられないようなことも普通にあります。

当サイトでは以前から光ベースの通信環境が大変SOHO向きであることをご紹介しており、今でも最適だと思います。ですが世の中のこうした動きを考えますと、スピードが肝心のスタートアップ時点は、手持ちの携帯とインターネットFAXでまずスタートを切り、環境整備は走りながら進めることを是非おすすめします

ちなみに以前のネットFAXは、もらえる番号がいかにもIP系だったのですが、最近はスマホからでもPCからでもFAX送信・受信ができるうえに全国の市外局番が選べる物も出てきました。例えば

は30日間のお試がしがあり、数分で市外局番付きのFAX番号が手にはいります。

こうしたサービスを利用すれば、今持っている携帯+すぐ手に入るネットFAX番号で走りだせます。ビジネスが回リ始めれば、光回線の価格などは経費のごく一部ですから、心置きなく光での環境検討や工事待ちをすることが出来ると思います。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional